カルチャー・ハウス
(The Culture House)

ポインツ・オブ・ビュー (Points of View)

2015年4月18日、アイスランドの視覚芸術と文化遺産を展示する最大規模の施設ポインツ・オブ・ビューが、クバルフィスガタ通り(Hverfisgata)のカルチャー・ハウスにオープンしました。ポインツ・オブ・ビューでの展示は、アイスランド国立博物館、アイスランド国立美術館、アイスランド自然史博物館の国内3大ミュージアム、そしてアイスランド国立公文書館、アイスランド国立大学図書館、アウルニ・マグヌソン(Árni Magnússon)・アイスランド研究所によって企画、開催されます。この6つの機関が協力し、アイスランドの遺産を新しい観点からとらえ、隠れた歴史に革新的な方法で光をあてる興味深い機会を提供しています。

ポインツ・オブ・ビューの館長はマルクス・ソール・アンドレソン(Markús Thor Andrésson)です。詳細はポインツ・オブ・ビューの公式サイト(アイスランド語)をご覧ください。 safnahusid.is